事故車 処分

事故車,処分,方法

 

事故車の処分方法には大きく分けて2つあります

 

事故車を処分したいと考えた時、処分方法には大きく分けて2つあります。

 

  • 廃車

従来の考え方だとこの方法が一般的ではないでしょうか?
この方法のデメリットとして、廃車にするのにも
お金が掛かってしまうということです。

 

  • 買取

現在では事故車を専門に買取する業者も出てきています。
ゆえに、より高い金額で買い取られるメリットがあります。

 

事故車の買取ニーズは、国内より海外の方が高まっています。
海外からすると、日本車は喉から手が出るほど欲しいと思われているので、
例え部品だけになったとしても優秀な日本車の部品は高値が付きます。

 

また、あなたの車が高年式で、残念ながら事故にあってしまったとしたら、
自分で考える以上に高値が付くことが予想されます。

 

修理費用に何十万もかけて直すことを考えれば、買取してもらった方が
お得になるケースもあります。

 

一括査定と単独査定の違い

 

事故車買取の方法は2つあります。
それが“一括査定”と“単独査定”です。

 

一括査定

 

ネット上で一度入力してしまえば、簡単に競合他社と比較できるようになっているのが
一括査定です。

 

一括査定システムが出来たのが2000年の初頭と言われています。

しかし、システム構築と運営が難しいために現在でも少しの業者しか参入していません。
それでも十数社の一括査定業者があり、そこで問題となってくるのが、

 

「どの一括査定がいいのか?」

 

ということです。
一括査定を利用するポイントは3つあります。

 

  1. どのくらい優良な業者が参入しているか?
  2. どのサイトが使い勝手がいいのか?
  3. システム運用会社の信頼度

 

 

まずは「有料な業者を見極めます。
これは、聞いたことがある業者が多く参入していることが目安となります。

 

粗悪な買取業者だと、どこにどう流通させるのかが分かりにくく、
査定価格もいい加減なことが多いので注意が必要です。

 

次にシステムが分かりやすく、使い勝手がいいかの判断をします。

 

最後にそのシステム運用している会社が信頼できるのかを
自分なりに調査し判断します。

 

単独査定

 

これは、信頼できる業者を一つに絞って査定を行います。
もちろんそういう場合には、事故車買取専門業者がいいでしょう。

 

単独査定は自動車が中古車として「下取り」流通するようになって
以来の商習慣であり、自動車販売店で行われてきた査定法です。

 

しかし、事故車となると今まで通りの方法だと極めて対応が難しくなってきました。
それに加えてインターネットの普及に伴って一括査定が注目を集めるようになり、
さらに事故車買取のニーズも高まってきました。

 

今では事故車専門で買取を行う業者も出てきて、
事故を起こしてしまった車でも値段が付くようになりました。

 

事故車を買取!あなたの事故車を高額査定するには?