事故車の買取を拒否されたらどうすればいい?

事故車の買取を拒否されたらどうすればいい?

事故車の買取を拒否されたらどうすればいい?

 

1:事故車の買取を拒否される場合

 

過去に事故を起こしていても、修理して現在は普通に動く車なら、通常に比べれば査定額は安くなってしまうとしても中古車買取業者に買い取ってもらうことは出来るでしょう。

 

 

 

しかし、事故に遭って傷や凹みがあって修理していない車や、事故で完全に故障してしまって動かなくなってしまった車、いわゆる不動車だとどうでしょうか。

 

 

 

もし、このような状態の事故車を買い取り査定に出した場合、中古車買取業者によっては買取どころか査定そのものを拒否されてしまうこともあります。

 

2:全損や水没車は買い取ってもらえない?

 

全損状態の車や火災に遭った車、水没した車などは中古車買い取り業者によっては査定も買い取りもしてもらえないことがあります。

 

 

 

また、仮に査定してもらえたとしても通常の買い取りよりも大幅に査定額を減額されてしまって二束三文での買い取りとなってしまうケースもあるようです。しかし、だからと言って事故車の買い取りや査定をあきらめてしまう必要はありません。

 

 

 

そもそも事故車の査定や買い取りを拒否されてしまうケースは、その多くが事故車の買い取りを取り扱っていない中古車買い取り業者を利用していることが多いからです。

 

事故車の買取を拒否されたらどうすればいい?

 

ですから、事故車の買い取りや査定をするのであれば、まずはその中古車買い取り業者のホームページなどをみて、事故車の買い取りをしているかどうかを確認します。

 

 

 

あるいは、事故車専門の買い取り店を利用するのも良いでしょう。そうすれば、事故車だからという理由で査定が出来ない、買い取ってもらえないといったことは起きません。

 

3:事故車を取り扱っている買取業者や一括査定を利用する

 

事故車専門の中古車買い取り業者は通常の中古車買い取り業者と違い、買い取った車をそのまま中古車として販売するだけではなく、修理して販売できない事故車は使えるパーツのみを取り出して利用したりします。

 

 

 

事故車の買い取りを行っていない中古車買い取り業者はこうしたことを行っていないので、事故車の査定を拒否するんですね。

 

 

 

また、事故車専門の中古車買い取り業者に限定すると数が少なくなってしまうかもしれませんが、インターネットの一括査定サービスの中にも事故車の査定が可能となっているところがあります。

 

 

 

こうした一括査定を利用すれば、簡単にたくさんの中古車買い取り業者に査定を依頼することができますので、査定額の比較が出来ます。そして、もっとも高額な査定をしてくれた業者と売買契約を結ぶことができます。